BINGO BONGO GROUP



【丸山珈琲】

2013.08.16(Fri)【丸山珈琲
【丸山珈琲】

お盆休暇の間、県外からも沢山の方にご来店いただき、ありがとうございました。

今日からまた仕事始めという方も多いのではないでしょうか。


しっかりと朝食・昼食を摂り、今日も一日頑張りましょう。


さて本日ご紹介するのは、こちら。

imgres.jpg


長野県軽井沢市にある、1991年に創業された「丸山珈琲」です。

スペシャリティ専門店の自家焙煎によるコーヒー豆の販売を行い、
カフェも経営し、地元はもちろん沢山の方々に親しまれています。

スペシャリティとは・・・


・豆の品種の特定ができる
・農園もしくは栽培地区の特定ができる
・高品質な豆を育てるための栽培と精製方法が行われている
・香味がよく、産地特有の個性を感じさせる

以上の条件で、優れた香味を持つ豆をスペシャリティコーヒーと呼びます。


ちなみにスペシャリティコーヒーは、コーヒー市場全体の5%~10%程度しか出回っていません。


IMG_0159.jpg

丸山珈琲を営むオーナーの丸山健太郎さんは、コーヒー生産国で毎年開催される国際品評会に世界で最も多く参加している国際審査員も務め、丸山珈琲のバイヤーとしては年間150日近くを海外で過ごしています。


自らの足で生産国に出向き、生産者の方々とコミュニケーションを取りながらコーヒー豆を買い付けてくるのだそうです。

そういった足繁に通う誠意があるからこそ、良質なコーヒー豆を買い付けてくることができるのです。


そうして買い付けてこられたコーヒー豆は、日本では数少ないアメリカ製の稀少なロースターによって自家焙煎されます。
同じ豆でも味の仕上がりはロースターによって変わると言われています。

そして、世界で最も品評会経験のあるカッパーとして知られる丸山氏がジャッジのもと作り上げられたコーヒーが丸山珈琲で提供されるのです。


最後に、生産者とのコミュニケーション、焙煎のカッピングの試行錯誤、それらの積み重ねの結果を表す重要な役目がバリスタです。


丸山珈琲ではバリスタの育成にも力を入れ、毎年開催される「ジャパン・バリスタ選手権」では多くのファイナリストを輩出しています。

お客様へ最高の一杯を注ぐために、様々な挑戦を続けているのです。


只今BINGO BONGOで取り扱っているのコーヒー豆のご紹介です。

・クラシック(100g/735yen 250g/1,470yen)


IMG_0156.JPG


チョコレートやナッツ、キャラメルを思わせる風味となめらかな口当たり。
クラシカルな味わいでカフェオレにも向いています。


・ベルカント(100g/735yen 250g/1,470yen)

IMG_0161.jpg


オレンジなどの柑橘系を思わせる風味と甘味、さわやかさのある味わい。
華やかなテイストの豆です。


・ヴィオラ(100g/840yen 250yen/1,680yen)

IMG_0155.jpg


ブラジルの最高産地と謳われるカルモデミナスの豆がベースになっているブレンド。
クリアーで爽やかな味わい。
フルーティーなフレーバーで華やかさも感じます。

朝の目覚めの一杯に、

お仕事のブレイクタイムに、

就寝前のプライベートタイムに。

お好みで味をお選びください。


IMG_0169.jpg

ちなみに当店のレジ横には100年前のコーヒーミルが飾られています。

こういった古い道具で豆を挽いて入れたコーヒーを飲んだり、道具を眺めながら飲む一杯も格別だと思います。

IMG_0179.jpg


コーヒーをこよなく愛し、生産者や生産される豆、それをコーヒーに仕上げカップに注ぎ、お客様に提供するまでの一杯といった全てのプロセスに密接に関わる丸山珈琲。

全ての人の想いと共に提供されるオリジナルブレンドを、是非一度ご賞味ください。



BINGO BONGO

Ace in the Hole